« | »

2012.09.20

SDRチューナまとめ

SDRをある程度操作して感じる事をまとめてみます

*これら内容について測定器が無く
自分が思う事を含む為、鵜呑みにしないように。

RTL2832U

ワンセグチューナでのSDR

利点

  1. 安い(900〜2000円)
  2. リアルタイムに1MHz〜2MHz程度を一度にグラフィカルに見れる
    未知なる電波の解析に便利)
  3. 小型
  4. 付属ソフトでワンセグが見れる
  5. FMラジオが聞ける

難点

  1. 販売時期により、チップが変更され未対応になる可能性がある
  2. SDRソフトにより性能が変化する
  3. アンテナコネクタが各品違う
  4. インピーダンスが無線の同軸ケーブルと違う可能性がある(無線50Ω TV75Ω)
  5. ソフトウェア処理のため、ノートパソコンでは動作が厳しい
    (不動例 XP PenM1.6GHz/vista AMD1.6GHz 2コア/win7 セレロンDC1.2GHz)
  6. 受信バンド近辺に強い電波があると信号が押される
  7. チップの発熱が酷いのに熱対策が全然されていない設計(前後の日記にて説明)
  8. 場合により周波数ズレがある(調節が必要)
  9. 周波数により受信が出来ない場合がある?(下部の「チューナ相性?」へ)

*詳細については次回以降のまとめにて。

難点が多く感じるが、値段が安いという事で全てが許容範囲内では?
この値段でバンドを確認出来るなんて、今までは夢物語でしたし。

 

図 利点1 難点6・8

 

周波数本 色々な受信を試したい人には便利

 

チューナの比較

感度 E4000>FC0012
安さ FC0012他>E4000
使いやすさ FC0012他>>E4000
購入しやすさ FC0012他>>>E4000

DS-DT305 チューナFC0012

 

SDR# SHARPにてExtIO 受信範囲は数値が数MHz〜GHzまで制限なく動作するので不明

目的の周波数に移動しても受信が出来ない場合
簡易確認方法として、目的の周波数を受信した後、FM放送等、確実に信号がある場所に戻り
受信出来るか確認する。(受信X=チューナ・ソフトの限界 受信〇=受信可能性あり)

 

LT-DT306はチューナFC0013との報告例あり

 

海外 チューナE4000

本物であるか保障出来ない
周波数を変動させるとエラーが出る(不具合?偽物? 下部「チューナの相性?」へ)

SDR# SHARPにて受信範囲(実際に受信出来るかは別)
ExtIO
RTL tuner=e4k
55.830880 MHz−974.358874 MHz
1.310855 GHz−1.898331 GHz

RTL tuner=e4000
?−2.146811 GHz

 

チューナの相性?

以下のように、チューナの性能かソフトの不具合か分かりませんが
周波数により違いが出ます

DS-DT305 チューナFC0012 信号X

 

E4000 受信〇

 

E4000 周波数移動時のエラー例(修正ファイル適用)
エラーが出るとUSB抜き差しが必要

 

アンテナについて

TVやFMラジオ近辺であれば、家庭のTVコネクタに繋げば
受信出来ると思います。

ただ、何か別の電波(中継・防災・航空等)を受信したい場合は
通常、家庭用のブースターや分配機ではフィルターされている場合が濃厚の為
変換コネクターを準備し、無線用のアンテナと同軸・コネクターが必要になります。
その際には、インピーダンスの乱れや想定されていない使い方の為
変換コネクターが入手出来ず、自力で加工する必要が出てきます。
2重変換であればあります

yahooオークションや秋葉原の通販で探したほうが楽かもしれません?

 

変換例 自作コネクタ




Trackback URL

Comment & Trackback

No comments.

Comment feed

Comment





XHTML: You can use these tags:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>