2018.01.15

バイク用にヒーター内蔵手袋購入しました

通勤にバイクを利用し、そろそろ普通の手袋では手がかじかむので
ヒーター内蔵手袋を購入しました

先にまとめ

・検証1日目の影響かもしれませんが、本品はバイク用としては少し硬く、運転操作がしにくく感じます
・バイク内のどこから電気を取り出すか、購入前に十分に検討する必要があります
・12V用ですが、モバイルバッテリーからの5V給電でも最低限暖かいです


(さらに…)

2018.01.01

スペイシー100 フレーム塗装

2016年2月実施

フレームも錆が見えていますので、出来る範囲塗装します

フレーム塗装後

ガソリンタンク塗装後

見た目も良くなりました

スペイシー100 ゴムパーツ交換

2016年2月実施

ゴム系は全滅と考えた方が良いです
交換しましょう

ヒビ

 

割れ

(さらに…)

スペイシー100 スイッチメンテナンス

2016年2月実施

各スイッチを分解し、メンテナンスを行いました

 

(さらに…)

スペイシー100 フィルター交換

2016年2月実施

各エアクリーナもボロボロなので交換しました

指で触れるとボロボロになります

(さらに…)

スペイシー100 フロントブレーキメンテナンス

2016年2月実施

フロントブレーキの調子が悪いので分解し、調べる事にしました

注意:人命にかかわる非常に重要な作業です。十二分に動作を確認して下さい

(さらに…)

2017.11.04

スペイシー100、セルモーターメンテナンス

前回、何とか外せたセルモーターを
今回は、メンテナンスを行いたいと思います。

(さらに…)

スペイシー100、セルモーター取外

前回、セルモータが大変な位置に存在する事が判明したスペイシー100ですが
今回、外す事に挑戦しました。

 

セルモータを外す為、邪魔な部品を取り外す必要がありますが

T型ハンドルを利用する事により

 

届きました!

(さらに…)

2017.10.08

スペイシー100、セルスターター不良

オートチョークを切った状態の私のスペイシー100ですが
最近、エンジン始動直後にエンジン暖気が終わらずエンジンが止まった際
エンジンが始動出来ない事が多くなりました。

*本記事後、バッテリー交換も実施、その後安定しました。*

始動出来ない状態として
・カタンと強い音がする
・弱弱しいモータ音がする
・指導出来ない状態では何度セル始動を試しても無理
・キックスタートは可能
・キックスタート後、エンジンを止め、即セルスタートは可能

このままでは非常に危険なので修理する事に。

最初にセルモータが怪しいと感じ、取り外す事にしたのですが
大変な位置に設置されています。

 

マフラー近辺から見たセルモーターの位置

 

シートを取り外してやっと見える位置に。
取り外しが非常に厳しい。

2016.03.08

バイクのメンテナンスに必要な物

現在、スペイシー100のメンテナンス中ですが、その際に必要な物を紹介します。

 

160308man 160308man2

パーツカタログ 重要度(★★★★★)

部品交換の際に、バイクショップへ部品注文を行いますが、何が必要か伝える事が困難です。
このパーツカタログがあれば、注文番号がありますのでスムーズに処理が出来ます。
また、部品の位置も記載されているので、修理箇所の特定が行いやすいです。

尚、部品の値段も記載されていますが、価格は変動するので参考程度に考えてください。

 

入手方法
オークション等で購入出来ます。
1000~3000円位。

注意として、車台番号により、記載されていない場合があります。(カタログ印刷時よりバイクが新しい)
車体に車台番号が記載されているので、それを確認してから購入しましょう。
例 スペイシー100 JF13-100xxxx


 

サービスマニュアル 重要度(★★★★★)

これがあれば、完璧です。
故障診断方法から配線図等細かな情報が記載されていて、整備者向け。

難点は、個人で入手する場合、オークションにて1万円程度必要な場合があります。
何等かの修理経験があれば上記のパーツカタログがあれば何とかなります。または、大手のバイクショップには置いてありますので
店員さんと仲良くなり調べるのも手。

160308man3

記載例


工具 重要度(★★★★★)

これが無いと分解さえ出来ません。
上記工具は最低限の物になり、その他工具が必要になります。
無理に行い、ネジが潰れたり、取り返しのつかない問題が発生してしまう事も。


 テスター等 重要度(★★★☆☆)

バイクの電気関係(ライト、ヒューズ、バッテリー等)をチェックする際には必要です。
基本はデジタル表示タイプのみで十分ですが、アナログ版もあると便利。

DC電流対応クランプメーター 重要度(★☆☆☆☆)
発電関係の調査に必要です。
滅多に必要ないと思います。

オシロスコープ 重要度(☆☆☆☆☆)
バイク内の信号を調べる際に必要になるかもしれません。
必要性は全くないと思います。
高いですしね。


その他

エンジンの不具合を調べる際に必要と思います。

コンプレッサー関係

ゴミ除去、水滴除去、タイヤ交換、塗装と修理以外にも活用出来ます。

上記コンプレッサーは小型タイプなので長く使うには更に大きいのをおすすめ。

 

メンテナンススタンド

エンジンを外す、タイヤ交換等に必要になるかも。

Next »