2017.07.28

0simの現状2017年07月

随分前に雑誌付属として入手した0simですが、結局殆使わずにサブのサブとして利用してきました。

とある平日に利用した所、桁違いに重い状況でしたので調査してみました。


深夜3時

普通に速い!


朝7時

下りスピードが200kbpsを切りました
それでも、上りは1.6Mbpsもあります。


昼12時


1日の中で一番混雑する時間帯ですが

速度を測定する事が出来ない位、遅い状態に!

測定途中の画面が2枚目ですが、10kbpsと桁違いな遅さです。
ping値も1000msを超えており、3枚目のpingテストを行った所

タイムアウト多数。2000msに近い脅威な数値を発揮。


15時

混雑時を過ぎましたが、下りスピード200kbps近辺と他社の低価格SIMの低速時と同じ状態。
また、ping値も不安定。3000msと言えば、命令を出してデータが流れるのに3秒も必要。。
pingタイムアウトが出ないのが救い(感覚が狂ってくる)


22時

夜間なので、そろそろ利用する人も減る時間帯。
それでも下りは700kbps。ping値は普通のMVNOと同じ数値へ。

(3枚目の様に不定期にping値が乱れますが・・・)


まとめ

月額無料の500MB以内で利用する場合
・昼間の休憩時間帯はメールを見るだけ
・苦行を楽しみたい
・0円だししょうがないと諦めきれる人

また、注意として

月500MB以上利用した場合、コスパの悪いSIMへと変身します。
金額が発生した場合でも、この過酷な速度と想像できます。

とにかく低額で安心して利用するなら
イオンモバイルの月額480円、1GBプランをお勧めします!

私としては、非常用と割り切って利用するか、自動的に解約されるまで放置する予定です。

*広告も無しに利益の無い月額0円は提供者・利用者共にwinな関係ではありません

2017.07.17

イオンモバイルキャンペーン

納得!夏得!イオンモバイルキャンペーン

2017年 7月1日から9月4日までキャンペーンとして

SIM発行手数料が1円となります。

例として:一番安いデータSIM(1GB)の場合、月480円です。

お試しには良い価格ですね。

 

 

他にも、10分間電話かけ放題プランが3ヵ月間、半額の425円

等のキャンペーンも同時開催されています。

 

なお、注意として

同じプランでもタイプ1とタイプ2があります。
タイプ2はOCN系列 タイプ1はiijmio系列になります。

参考例

どちらが良いかは特に無いですが、私ならタイプ1です。

速度ブーストする為の、アプリの作りが良いと言うだけですがね。

2016.10.13

BICSIMが1円!

前回はiijmioがセット販売で0円と記事を書きましたが
他にもセールを行っている所がありました。

BIC SIM専用オンラインお申し込みページ

 

161013bicsim

今月末まで初期費用1円キャンペーン!

同じiijmio系列でWiFiスポットも利用可能。

2016.04.26

1GBまでの通信料が最大1年間無料 FREETEL

1GBまでの通信料が最大1年間無料、FREETELがキャンペーン開始

最大1年の方はスマホ同時購入限定となり
SIMのみの購入でも最大6カ月無料となるそうです。

2016.02.05

0円SIM登場!

以前、デジモノステーション(2016年2月号)と言う雑誌に付属していた
500MB以下なら毎月0円と言うSIMが単品で登場しました!

0sim

雑誌版と違う所は
・SMSタイププランが選べる
・音声通話プランが選べる
・SIMサイズが選べる

等でしょうか。

注意点としては、初期費用3000円が発生します。
また、1人1契約までです。

プラン的に初心者やSIM1枚目の人には高価になる場合があり、お勧めできません。

2015.10.30

遂にMVNOで通話放題サービス開始!

*注意点があるので、勢いで契約しないで下さい。*

MVNO初、月額1300円で通話放題が可能になりました。

NifMo でんわ

151030nifmo

但し、良い話だけではなく

 

151030nifmo2

何故か、音声通話サービス加入が必要です。

 

また、以下の画像の様に発信者番号が海外経由の為
正常に表示されない場合があります。

更に、IP電話なので、MNPも不可能です。

 

 

151030nifmo3

 

他にも、2ヶ月以内に解約した場合、3000円発生するのでご注意。

151030nifmo4

2015.10.09

沖縄の格安sim「レキモ」登場(注意)

沖縄発のMVNOが登場しました

レキモ

CMやバス広告等幅広く広告を展開し、450円と言う他業者と比較しても
良い勝負をしているように見えますが・・・

〜注意点〜

一見、毎月500円以下でお得に見えます

151009lqmo 151009lqmo2

使った分だけ450円。

1GBを超えると800円、2GB超えると1150円、そして3、4
上限5GBで1850円!

通常の使い方で毎月1GBに一生懸命節約しないといけません。
毎日容量と睨み続けるなんてストレスの元。

定額プランとして検討すると、あまり宜しくない。

1.更に注意点!

契約月を含む6か月以内に本サービスを解約した場合、解約事務手数料として9,800円(税抜)をお支払いいただきます。

通信プランですよ?
今のMVNO業界、遅すぎて使えない→即解約が出来るのが利点なのに
高額な料金。

2.更に注意点!

151009lqmo3

初期費用0円と見えますが

事務手数料3000円が発生します!!

現時点では契約は非常にリスキーな状態です。
ご注意ください。

おまけ。

151009lqmo4

RAM1GBでは2年以上利用する場合厳しいです。
赤で囲まれた2機種はお勧め出来ません。

キャンペーン価格1万円のAscend G620Sについては値段だけ考えると
少しだけお得な気がします。(電池交換不可)

 

 

 

2013.12.27

b-mobileに新プラン登場

利用スタイルに合わせて選べる データ専用SIMサービスの決定版 プランI プランN | b-mobile
http://www.bmobile.ne.jp/info/planInN.html

131227bmobile

どちらのプランも別社を対抗しています。

プランIがiijmioと対抗し、100MB分追加で高速で利用可能
プランNはOCNと対抗、10MB分/日多い

自分としては、昔のb-mobileを体験したので何とも言えないサービスです。

 

http://www.j-com.co.jp/news/release/1316.html

ここまで他社と対抗するとは・・・

2012.08.01

イオンSIM LTE対応

イオン専用SIM、LTE対応・同時にマイクロSIM版も新登場

http://www.j-com.co.jp/news/release/1215.html

標準SIMとマイクロSIMの交換もできます。8月中旬の受付開始予定で2,100円です。

 

 

との事で、2100円を払えば旧ユーザも変更出来ます。
ただ、それをする位ならIijmioに移行した方が・・・・

2012.06.04

b-mobile4G Amazon限定 高速定額SIM

月額料金1980円で500MBまで利用出来るサービスが開始されました。

b-mobile4G Amazon限定 高速定額SIM

今回のサービスは
・低価格で速度重視であまり利用しない
・マルチメディア関係以外での利用

の人向けと思います。

自分的にb-mobileはプランを多く作りすぎて購入する人が悩むと思うのですが
選べるのはいい事・・・ですかね。

Next »