Home > 7月, 2017

2017.07.28

0simの現状2017年07月

随分前に雑誌付属として入手した0simですが、結局殆使わずにサブのサブとして利用してきました。

とある平日に利用した所、桁違いに重い状況でしたので調査してみました。


深夜3時

普通に速い!


朝7時

下りスピードが200kbpsを切りました
それでも、上りは1.6Mbpsもあります。


昼12時


1日の中で一番混雑する時間帯ですが

速度を測定する事が出来ない位、遅い状態に!

測定途中の画面が2枚目ですが、10kbpsと桁違いな遅さです。
ping値も1000msを超えており、3枚目のpingテストを行った所

タイムアウト多数。2000msに近い脅威な数値を発揮。


15時

混雑時を過ぎましたが、下りスピード200kbps近辺と他社の低価格SIMの低速時と同じ状態。
また、ping値も不安定。3000msと言えば、命令を出してデータが流れるのに3秒も必要。。
pingタイムアウトが出ないのが救い(感覚が狂ってくる)


22時

夜間なので、そろそろ利用する人も減る時間帯。
それでも下りは700kbps。ping値は普通のMVNOと同じ数値へ。

(3枚目の様に不定期にping値が乱れますが・・・)


まとめ

月額無料の500MB以内で利用する場合
・昼間の休憩時間帯はメールを見るだけ
・苦行を楽しみたい
・0円だししょうがないと諦めきれる人

また、注意として

月500MB以上利用した場合、コスパの悪いSIMへと変身します。
金額が発生した場合でも、この過酷な速度と想像できます。

とにかく低額で安心して利用するなら
イオンモバイルの月額480円、1GBプランをお勧めします!

私としては、非常用と割り切って利用するか、自動的に解約されるまで放置する予定です。

*広告も無しに利益の無い月額0円は提供者・利用者共にwinな関係ではありません

2017.07.17

イオンモバイルキャンペーン

納得!夏得!イオンモバイルキャンペーン

2017年 7月1日から9月4日までキャンペーンとして

SIM発行手数料が1円となります。

例として:一番安いデータSIM(1GB)の場合、月480円です。

お試しには良い価格ですね。

 

 

他にも、10分間電話かけ放題プランが3ヵ月間、半額の425円

等のキャンペーンも同時開催されています。

 

なお、注意として

同じプランでもタイプ1とタイプ2があります。
タイプ2はOCN系列 タイプ1はiijmio系列になります。

参考例

どちらが良いかは特に無いですが、私ならタイプ1です。

速度ブーストする為の、アプリの作りが良いと言うだけですがね。

2017.07.14

キャンドゥでスマホ向けタッチペン発見

 

100円ショップのキャンドゥでスマホで使えるタイプで珍しいペンが販売していました。

 

ペン先がこれまでの物と違い、透明な円系で見やすく面積を確保している感じです。

 

丁度ペン対応のスマホを持っていたので

比較してみました

 

 

左側は専用ペン 右が今回購入したペンです。

やはり、精度は専用ペンが良いです。