10年前のCD

070810cdkizu.jpg
CDプレイヤーで読めないCDを光を当ててよーく見ると
錆びて穴が開いています。
購入して10年くらいでCD-ROMでさえ劣化するのを見ると
CDRは大丈夫なのか、とても気になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アバター HAT より:

    このページの画像は、
    http://www.kms.gol.com/intercept/discsticker.html
    で使われてますが、この会社の人から依頼メールが来たのでしょうか。
    私のところに依頼メールがきたので、使っても問題ないと返事したのですが、使われてないですな。
    そもそも効果を確認しているのなら、加速試験によるサビたCDをサビてないCDの両方を持っているんじゃないかと質問したんですが、返事がありません。
    鉄鋼プレートの加速試験はやってるようだが、アルミ素材のCDとは条件が違いすぎる。

  2. kiyo kiyo より:

    連絡どうもです

    確かに連絡が来たものの、撮影者の情報を記載するようにお知らせして連絡待ちしてましたが
    連絡が無かったので、許可は出してないですね。

    うーん。

  3. アバター HAT より:

    図書館とか博物館を相手に商売してる会社なら堅実じゃないかと思うんですが、なんか適当くさいですね。
    ひどいなあ。