撮影一覧




防雨型LED照明購入

amazonで屋外で使えそうなLED照明が安価で売っていたので購入しました

 


20W品

 

普通にお店で同等品を購入すると”1個だけ”で6000円を軽く超えます。
2個セットで半額以下なのでセット品を購入しました。

リンク先では1個だけの販売もしてます。
その分、少しだけ高くなります。

なお、今回は20Wの紹介ですが、日本の一般家庭で利用する場合
10Wで十分です。

 

150322led7

到着
箱が2個をセットにされてます。

 

 

150322led

開封。
LED部分も20Wとなると大きいです。
コンセント部分と同じ位

 

150322led3

LED部拡大

 

150322led4

中でコロコロ音がしていたので
分解してみました。
配線の部品が出てきました。

この程度なら、利用する場合に問題無し。

 

150322led6

防水加工も、パッキンと充填剤利用しているので
普通かな。

 

150322led5

20Wもあると放熱対策されてます。

 

150322led2

 

ここから、屋外に設置です。

 

150322led9

今回はコンクリートに取り付けます。

台風でもビクともしないよう
アンカーボルトを使い、振動ドリルで穴を開けました。

150322led8

照明本体を固定する金具を外してコンクリートに先に固定させました。

 

150322led10

 

150322led11

固定金具を本体に取り付け固定完了。

 

明るさについてですが、20Wはやりすぎました。
照明範囲が広範囲で近所迷惑になりそうです。
車10台位照らせます。

車2台位を照らす場合は10Wで十分と思います。

あとは、何年持つか長期的に見ていきたいと思います。

10W品

 





那覇市内での講習会?

ワイワイと技術について話をしていくイベントがありましたので
行ってきました。

 

3D物体を作る話

 

Replicatorと言う3Dプリンターで
20万円程するそうです。

本体の裏に大量に巻かれたプラスチックの糸を・・・

このヘッド?で加熱し細い糸状に出して
立体物を印刷するように作れるそうです。

 

予熱中・・・10分程待ちます。

 

 

こんな感じにヘッドが左右に動き物が出来ていきます。

 

このように、ペン状のも作れるそうです

他にも、

自動的に正確な位置を削る装置があったり

写真は無い物の、プロッターもあったり。

 

はんだ付け講座もありました