auの携帯を使ったMNP方法

<<<重要なお知らせ>>>2012年3月に一部対策がされました。ぷりぺいど契約時に手数料が発生します。

携帯ショップに行くとMNPの場合は格安で販売している場合があります
「新規や機種変更だと倍になる場合、何とか出来ないか」と思ったので試してみました。

注意 あまりオススメできない方法です。

1 準備するもの
動作するau携帯
このリスト以外の物であれば黒ロムでもOK(赤ロムはダメと思う)
*ICロッククリア(2100円)は不要

2 まずはプリペイドカードを準備
auショップ等でぷりペイドカードを購入  1000円〜
(店により対応出来ないか3000円〜)
利用期限があるので注意
見つからない場合は、通販と言う手もあり

3 auショップへ契約する携帯とプリペイドカードor番号を持ち込む
ICロック解除作業をした後、simカードを発行

手数料は出ません。
契約費を請求する場合は、auのサポートセンターへ

豆知識
プリペイド番号を通話で登録した日が開始日になる
MNPの期限が分からない場合、後日登録しよう。

*プリペイドを登録した携帯はICロックされる

4 欲しい携帯を決めて、auへMNP予約票を発行してもらう
その場で2100円払う。
*有効期限は15日。それまでに行わないと無効に。(返金は不可能)

5 MNP先の携帯ショップへ行く
今回はドコモの例
事務手数料3150円と携帯代。
翌月携帯料金と一緒に請求される。

作業時間は1時間〜
終わるまでは携帯受け取れないので注意

○費用まとめ
プリペイド 1000円〜
auからドコモへMNP費用 2100円
ドコモ 事務手数料3150円

これで携帯はあなたの物に!・・・ただし、携帯会社にとっては損なので対策がされています。

最近主流の2年契約が条件の場合、2年後の1ヶ月目以外に解約した場合
解約金9975円が発生します。

また、最初の月は契約しないといけないので利用料金が発生します。

例 ドコモFOMA スマートフォン

*今回、私が試した際、アプリケーションの導入が割り引き条件の為に
データ量的に上限になるので、パケホーダイはフラットを選んでます。

タイプSSバリュー 980円
SPモード 315円
パケホーダイ・フラット5460円
or
パケホーダイ・ダブル2 2100円〜5985円
ケータイ保障お届けサービス294円
月々サポート 機種により変動 例F12C 1260円割引
eビリングを利用すると105円割引。

月々サポートを外した場合6944円
通話のみでパケット使わない場合3584円

この2年分で通話のみ利用したと考えて9万円近く費用が発生します
*スマートフォンであれば何もしなくてもパケットは発生するので注意

契約したサービスを利用しない場合、解約金を払うのがお得と言う事になります。

他に、少しでも安くしたい場合や今後利用する可能性がある場合は
電話番号保管と言うサービスがあります。

手数料 1,050円
電話番号保管 420円
eビリング 105円割引

23ヶ月合計で8295円

途中で復活する場合、手数料は無し。
2年後、ドコモから他社へMNP出来る利点にもなるので
契約していて損は無いと思います。

〜ご利用は計画的に。〜
今後サービスの廃止、変更がある場合があるのでご注意。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする