SDRでデジタル無線を見る

最近では、アマチュア無線でもデジタル化の波が押し寄せてきました。

知り合いがicom ID-31を購入したので、波形を見てみました。

アナログ

デジタル

アナログでは、喋らない場合使用帯域が狭まっており、喋ると帯域が増えます。
波形が斜めから見ると < のように山状なっているのが判ります。

デジタルでは、帯域が コ のように、全体を使っています。 

と言ってますが、用語を間違えて使っている可能性あり。
指摘歓迎。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする