WiMAX一覧





WiMAX調査エリア那覇-西原IC

西原高速入り口周辺に、WiMAX基地が立ったのでテストしてきました。

110627wimax

大分使えるようになりました。
赤いエリアはトンネル近辺と中部高校より北方向です。



最近のWiMAX状況 南部編

那覇市内は殆どエリア内と思っていいでしょう。
豊見城から那覇を運転しながら測定した所、殆ど切断されません。

もう、昔のように自力でエリアマップを作る必要性が無い気がします。
ただし、これは窓の近くに装置を置いた場合を想定しています。
室内では相変わらず厳しいままです。

これを解決するには、窓辺にリピータ(現時点では未発売)を設置するか、基地局が増えるのに期待するしかありません。




WiMAXについて思考

今回は、とことん技術的な話を。
通常、無線LANやWiMAXが出来るノートパソコンには
下のような拡張カードが刺さっています。
110511wimax4.jpg
そして、その拡張カードからノートパソコン内部にあるアンテナへ接続がされます。
110511wimax3.jpg
その場合、基盤には出っ張りのあるコネクタがあり
アンテナケーブルは凹んだコネクタが採用されていて、接続が出来ます。
ところで、WiMAXの端末内にある、コネクタは良く見ると、上の物とよく似ていますが
違います。
110511wimax2.jpg
よく見ると、出っ張りのあるはずのコネクタが凹んでいます。
そう、上の図とは反対なのです。
よく他のサイトでココにノートパソコンのアンテナを繋げたらXXXXと言う話を聞きますが
結局は入らない、なぜだ?という話になります。
このコネクタは、通常のアンテナを接続するコネクタではなく
測定やチェックに使われる端子です。
110511wimax.jpg
ここにコネクタを指す事により、コネクタ内にあるスイッチが入り
アンテナへの入出力は遮断されて、コネクタを通る仕組みです。
このコネクタに入るアンテナコネクタを入手出来れば、個人で色々出来るはずです
ただ、入手性が無いに等しい状態なのです。