パソコンネタ一覧


windows7 Aero不具合

環境 windows7 64bit
CPU PhenomX4
グラフィック AMD ATI Radeon HD4600シリーズ

 

私は休止を使いwindowsを起動したまま数週間利用します。
そんなある日、WindowsUpdateの通知が出たので再起動すると・・・・

Aeroが動作していません

まず、Aeroが動作しない場合の方法を調べてみます

  • Desktop Windows Manager Session ManagerとThemesサービスを再始動
    >解決せず
  • 解像度の変更
    >解決せず
  • コンピュータの視聴効果をAeroテーマのどれかを選ぶ
    >解決せず
  • グラフィックドライバーの変更
    >解決せず
  • 「パフォーマンス オプション」にて視聴効果の変更
    >解決せず
  • dwm.exeをプロセスで強制停止
    >解決せず そもそも無かった気がする

 

そして、ついに見つけました

イベントビューアを調べると、怪しい文面を発見

Desktop Windows Manager
エラー デスクトップ ウィンドウ マネージャーで致命的なエラー(0x88980406)が発生しました

このエラーを調べると
KB2670838 を適用後 Aero や IE や Windows Live メールがおかしくなります

という事で、KB2670838をアンインストールします

 

更新プログラムのアンインストールより
問題のアップデートを選択してアンインストール

 

その後、再起動するとAeroは正常に動作しました。

 

どうやら、この症状が出るのはRadeonのグラフィックボードを
利用しているユーザだけのようです。

 


RaspbmcでXBMC mpeg2ライセンス購入

前回、DLNAにて動画を一部再生しましたがmpeg2コーデックが利用出来ないのは非常に痛いので
ライセンスを購入する事にしました。

Raspberry Pi Store
http://www.raspberrypi.com/

ここから購入します。

注意として、購入の際にRaspberry pi本体に個別のシリアルキーが必要です

ホームページにあるように
linuxを起動して
cat /proc/cpuinfo を実行

そこにシリアルナンバーが表示されます。

今回は
MPEG-2 license key
VC-1 license key

の2つを購入します。
DLNAでの利用を考えるのであればmpeg2だけで十分です。

 

paypalで購入

住所を入れる個所がありますが、Eメールでライセンスキーが
当日中には届きます。

XBMCのプログラム・・

 

設定の中にmpeg2 codec license とVC1があります

 

ここに、メールで届いたコードを入力します

 

登録するとインターネットからファイルをダウンロードされ
再起動を要求されます


RaspbmcでXBMC DLNA再生

今回はXBMCでパソコンのDLNAサーバから
LANケーブルを通して動画を再生してみようと思います。

注意:DTCP-IPには対応しているかは未検証です。

 

※単にパソコン上にあるファイルを再生したい場合は
windowsネットワーク(SMB) 
で利用出来ます。
DLNAであれば家電でもパソコンの動画が見れるので便利です。

 

最初に、動画を転送するパソコンにDLNAサーバを導入します。

対応しないコーデックの場合、トランスコード(再変換)しながら転送するので
利用する場合は、それなりのパソコン性能が必要です。
ソフトは色々ありますが一部紹介。
PS3 MediaServer
Universal Media Server
serviio
windowsmediaplayer11以降
など

手軽さで言えば windowsmediaplayer
おすすめは PS3 MediaServer Universal Media Server

 

ビデオを選び・・・

ファイルを選び・・・

UPnP Deviceを選びます

DLNAに対応している機器が自動で表示されるので
選びます。

 

開始フォルダも選べます

 

これでOKを押せばリストに登録されます。

 

見たい動画をリストから選びます

 

このように再生されれば成功です。

しかし、実際には殆どの動画は再生されないと思います。
それは、コーデック(mpeg2やVC1)の利用が有料の為利用出来ないからです。

次回はコーデックライセンス購入について。

 


e4000チューナでワンセグ

いつもは海外USBチューナを利用してSDR・・・等と言ってましたが
今回は方向を変えて、海外USBチューナ(E4000)でワンセグを見ようと思います

 

準備する物

国内版のRTL2832チップ搭載のUSBワンセグチューナに付属している
ワンセグ視聴ソフト

 

SDRとして既に利用している場合、デバイスマネージャでは

このように表示されていると思います。

 

ワンセグ視聴ソフトでも認識せず。

 

改造ドライバーを削除して純正に戻します。(またあとで改造に戻せます)

 

 

これが正規の状態。

 

このように、無事DVB-TチューナがISDB-Tチューナになりました。

利点は?ですが、覚えていて損は無いでしょう。

 





windows8について

前回、古いノートパソコンに導入失敗しましたが、もし導入できたとしても次なる難題が待ち構えています。

タッチパネルについてです。
仮想環境や店頭で実際にwindows8パソコンを操作しましたが、断然タッチパネルが必要な仕組みになっています。

既にあるノートパソコンでは

ネットブックにタッチパネルを内蔵できる改造キット
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20081129/etc_fido.html

このような改造キットが昔から存在しています。
しかし、シングルタッチしか対応していない可能性が大で
windows8をフルに活用するには向いていません。

マルチタッチ対応のキットが出れば、windows7搭載ノートパソコンを改造してもいいのですがね。


windows8インストール失敗

東芝dynabook AX Celeron 2.5GHz

NEC LavieG PentiumM 1.6GHz

この有様です。
古いパソコンには導入出来ない事が分かりました。

Windows8を動作条件にCPUの機能が必要で
最低CoreDuo程度が必要らしいです。