パソコンネタ一覧

Windows8 Consumer Preview

windows8体験版が公開されていたので仮想パソコンに入れてみました。

 

 

起動画面。何故か金魚?

 

セットアップ時に、まずホットメール向けのメールアドレスが必要。
体験版なのに個人情報を登録するなんて・・・

そして、更に面倒な事に

携帯等の予備用メールアドレスが追加で必要。
この時点でもうウンザリ。

 

セットアップ後は、電源を入れた後この画面が出ます。
スマフォの電源ボタンを押した状態と同じ。

 

ここで画面を下から上になぞると。。

ログイン画面が出てきます。

そしてアカウントの下にメールアドレスが表示されるの、非常に不快。
なお、パソコンを終了する際はこの画面の右下の電源ボタンから。

 

ログインすると、この画面に。
まんまWindowsPhoneです。

 

すべてのアプリを選ぶとこの画面に。windows8のスタートは画面を全部奪います。。

 

スタート画面からデスクトップを選択するとwindows7っぽい画面に。
ただし、スタートボタンがありません。
キーボードのwindowsキーを押すと1枚目上の?アイコンしか表示されません。

 

とりあえずgomプレイヤーを入れて動作チェック。
タスクマネージャが今までのOSと違い新しいです。

 

こんな感じで、XPからVistaを使った時のようなショックを受けました。
今回のwindows8は、今までXPに慣れていた人にアップグレードをした際に混乱に更に拍車をかけています。

まず、電源を切る方法が分からないなんて、ありえない。
スタートボタンを押して混乱すると思うし。。

このまま製品化した場合は、私はwindows8買わないと思います。
マルチタスクの事を全然無視しているし、これはタブレット向けバージョンと思いたい。





auの携帯を使ったMNP方法

<<<重要なお知らせ>>>2012年3月に一部対策がされました。ぷりぺいど契約時に手数料が発生します。

携帯ショップに行くとMNPの場合は格安で販売している場合があります
「新規や機種変更だと倍になる場合、何とか出来ないか」と思ったので試してみました。

注意 あまりオススメできない方法です。

続きを読む


FOMAsimモバイルルネッサンス

ネットをさ迷っていると、偶然見つけたので紹介。

モバイルルネッサンス

FOMAサービスのsimカードを1年契約で2980円で使えるそうです。
他に値段は高くなるものの、3ヶ月、6ヶ月コースもあります。

詳細が、ホームページからあまり読み取れないので
試してみたい場合は、まず3ヶ月お試しした方が良さそうです。


グットウィル那覇

HDDの値段がありえない事になってます。

値段が常時変動する為に印刷物に記入されてません。

HDDは時価になります。

 

HDD

 

SSD

 

2TBを購入するなら、これが一番最安値。

この値段も在庫分までと思います。
アイオデータやバッファローは既に値上げが進行中です。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20111102_488121.html

 

これがきっかけにHDDからSSDへ普及するかもしれません。


Windows7カスタマイズ

XPからwindows7へ移行してずっと不満だった事が1つありました。

ファイルのウインドウ(エクスプローラ?)の左側のツリーが
常時表示されていて邪魔でした。

XP時代はツリーの表示をオフに出来ましたが、探してもそれらしき項目が無く諦めてましたが
今回やっと解決方法を見つけました。

このツリーの名前は「ナビーゲーションウインドウ」と言うらしいです。

110925menu01

3分の1を使っているツリー(ナビゲーションウインドウ)

?

設定場所は

110925menu02

整理▽ > レイアウト > ナビゲーションウインドウ

110925menu03

このようにスッキリ。

?

下の情報ウインドウも「詳細ウインドウ」のチェックを外せば表示が消えます。


OCZ SSD Agility3

前回、知り合いのパソコンに取り付けたSSD

110907pc5

110907pc8

110907pc9

110907pc10

速度が500MB/s等と書かれていて、実際パソコンショップでも
500MB近いベンチマークの画像が張られてますが、実際に速度測定すると・・

110909ssd_Agility3

店で書かれていたPOPの半分程度しか速度出ません

速度について調べてみると・・
なんと、「All 0x00」での速度結果との事。

これは、0と言う数字を測定時に使うオプションを利用しているという事です。

通常の測定ではランダムの数値を利用しています
0を連続で書き込む事は実際起こりえないので、現実離れしています。

110909ssd_Agility3_0x00

実際に0x00で測定すると高速に。

110909diskbench_0x00

最後に0x00の設定方法と判断方法

ベンチマークの上に「ALL 0X00 0fill」と書かれてる場合、その数値は誤魔化しの場合があります。
ご注意を。


パソコン組み立て

知り合いのパソコンを組む事になったので紹介。

110907pc1

ANTEC Nine Hundred Two
今回のケースは通気が良く、拡張性があり、値段な手ごろというのでコレが決まりました。

?

110907pc2

?

110907pc3

M/B ASUS P8Z68-V PRO
CPUはintel  Core i7 2600K
メモリ DDR3 XMS3 4GB x2
windows7 64bit

110907pc4

ケースが大きいので、ATXなマザーボードが小さく見えます
電源は下部に設置で、空気口は内部と外部。
?

110907pc5

110907pc8

OCZ SSD Agility3 120GB
後に問題が・・・。?

110907pc6

最近のBIOSはカラフル

?

110907pc7

HDDはこのように縦に刺さります。
BIOSでホットスワップに設定。

?

?110907pc11

FINAL FANTASY XI ベンチマーク HIで スコア 5490位
一部分は滑らかで物が増えるとガクガクに。

110907pc12

FINAL FANTASY XIV ベンチマーク HIで スコア 424 紙芝居状態

オンボードグラフィックなので十分でしょう。