サンテレホンICT総合展示会行ってきました。 その2

その2では展示会の紹介です

160804sun19

ラックに重たい機器を設置する際の持ち運び支援になる機械。

特に過酷な4UラックなUPS等には効果発揮しそう。

160804sun49

既存や設置した光ファイバーを利用した有線通信機

つづく>>

160804sun48

160804sun47

雷サージユニット。

これは一家に一台、ブレーカに設置したい。

160804sun21

停電時、商用電源と発電機を自動で切り替えてくれる装置。
家電をコンセントから外して発電機につなげ直す手間から解放。
商用復旧も楽々。
ただし、全ての家電を稼働させるだけの発電機は個人で可能かは不明。

160804sun46

通信関連の品質調査や問題調査機器で非常に有名なフルーク社
セミナーの方でも画像張りました。

上記は光ファイバー版調査機。

非常に高価なので企業でもレンタルで済ませる場合があります。

160804sun28

160804sun29

こちらは他社の銅線版。安価とは言え、10万円を超えます。

160804sun27

こちらは壁内や多数のLANケーブルや同軸・電気線から調査対象のケーブルを判断する為の装置です。
これは個人でも購入出来る範囲です。

160804sun26

上記の上位版。より正確に、多芯でもその中の1本を判断出来ます。

160804sun22

屋外監視カメラシステムの内部。
通常は見れないのでチャンス。

160804sun45

ヘララップ。
スパイラルチューブの進化形。
これを使うとスパイラルチューブには戻れません!

160804sun44

パッチケーブルを束ねる人の美徳を感じる。

160804sun41

アライドテレシス社

今回はルータやスイッチ等ではなく、メディアコンバータをメインに展示。

160804sun40

WiFiアクセスポイントも展示されていました。

160804sun38

ゼブラ・テクノロジーズ・ジャパン社のアクセスポイント。
コンビニ等で採用されているそうです。

160804sun39

見た目的にも過酷な環境にも耐えれそう。
中央で光っているLEDは遠くからでも機器のステータスを確認する為だそうです。

160804sun25

ミリ波を利用した高速無線通信機
主にビル間通信やアクセスポイントのバックボーンに最適。

鋭い指向性、WiFiの混信の影響無し、小型化、免許不要と今後が期待されます。

160804sun24

実例。

160804sun23

避雷針では無く、雷を近づけない装置。
近辺には落ちないそうです。

160804sun33

企業向けの中でお手頃感を感じる
パナソニックESネットワークス社ルータ・スイッチ

緑色がポイント。

160804sun31

160804sun32

IntraGuardian2+

この機器をネットワーク内に設置すると不正に接続した機器を検知しアラートを出したり
不正機器を排除する事が可能。
中小企業には便利かも。

ここからは一般向けでも有名な会社。

エレコム社

160804sun42

ロックする事で外せなくするLANケーブル。

160804sun43

WiFiアクセスポイントに鍵を掛けセキュリティ・盗難防止

バッファロー社

160804sun37

同時に多数の機器で動画を再生しても止まらずに視聴出来る
WiFiアクセスポイント

学校やイベント向け?

160804sun34

160804sun36

管理機能付きスイッチ
頑張れば個人でも購入出来そう

160804sun35

監視カメラ。屋外や暗所でも利用出来、かなり小型化。

160804sun30

この様に多数の企業が展示されていました。

また機会があれば参加したいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする