工作・修理ネタ一覧


ハンディーカム調査

症状 カメラの映像が出ない 他は正常

 

 

こんな感じに映像が真っ黒で出ません。

 

まずは分解。ネジが全てサイズが違うので非常に面倒

 

 

今回の故障はカメラユニットの故障か信号線の不良です

 

 

夜間撮影対応

 

 

ちょっとカメラ信号をいじると反応はするので
カメラユニットを交換したら直ると思います。

ただ、古い製品で交換部品の入手が非常に困難なので
今回は修理は出来ませんでした。


自動ドアの故障

自動ドア センサー OA-20P

症状:動作しない

コンデンサーが液漏れを起こし、基板パターンが腐食していました。

また、他の部品不良も確認。

今回は、部品の手配に日時が必要な事と金額的問題により修理は行いませんでした。



ワンセグSDR破損

前回放熱の案で出た
DS-DT305 チューナFC0012

USBに繋いで1分程でデバイスが切断される音がして
使えなくなりました。

原因として
基板をそのままの状態で利用した
基板が薄いので変形してしまった(0.8mm程)

発熱が酷いので、プラスチックケースの状態で利用するのは無理なので
今後、E4000チューナも何らかの強化策を考えないといけません。

 

 


ワンセグSDR屋外での利用(案)

前回の熱対策に考えた

これを屋外で使う方法として

 

シリコーンを利用する方法があります。
防水、断熱、そして結露も防いでくれます。

接着剤のようなもので、これをワンセグチューナを外部から見えないように埋めればOKです


ワンセグSDR熱対策(案)

超小型USBワンセグチューナー P160(RTL2832U+E4000)の熱対策
ゆうちゃん のパパ さんより

熱により前回紹介した小型放熱板では長時間の利用が出来ないと言う話があったので
安定した利用方法を検討してみました。

 

デスクトップパソコンから
Pentium3時代のヒートシンクを使う

 

かなり余裕がありそう。

これなら複数設置してもよさそう。

 

こちらもPentium3時代のノートパソコンのファン
ヒートシンク一体型。

 

 

固定方法として

ドリル等で穴を開けて金具で両端から抑えるように固定。

ファンの電源についてはデスクトップ版であれば十分と思われ
ノート版を使う場合はUSBの5Vを利用すれば静かになると思います。



ワンセグチューナでのSDR 熱対策

以前購入したワンセグチューナですが
結構熱を持つので対策してみました。

カバーを外して

チップに熱対策なし

 

放熱板を乗せて

熱収縮チューブを被せて

熱で縮める。

これで強度も上がり見た目もマズマズに。

ちなみに、裏面は透明プラスチック板で保護しています。


修理 パイオニア コンポ

pioneer
RX-P850とPD-P850Fの修理

メーカに修理を依頼しても部品が無い為、修理拒否されたとの事
試しに私が修理する事に。

*今回は互換のあるRX-P840の部品を一部流用しています。

PD-P850F 50枚CDチェンジャー
症状 CD読まない

50枚分の溝が沢山
移動方法は内部に光センサーがあり、1枚毎に正確に1カウントされます

読み込み箇所取り外す

続きを読む