工作・修理ネタ一覧

無線機メンテナンス アイコム IC-706MKIIG

無線機のLCDパネルが劣化し見づらいので、メンテナンスを行いました。

 

現状LCD 滲んでます

 

ダイヤル部分もボロボロ

 

 

パネル部分分解

物理的に変形している

パネル裏

 

ツマミ類 2個交換する予定が、SHIFT/CHの方が生産終了で入手出来ず

 

裏面

片方は部品入手出来たので取り外して交換

 

次にLCDパネルを金型から外します

 

 

これが交換部品

交換部品は表面も綺麗です

 

ゴム状の信号線を外して取り付け

 

元に戻して

 

ダイヤルも注文

 

この部品も劣化して外れたので交換

 

まずはクリーニング

 

綺麗

 

消耗品のケーブル

折れやすく、すぐにダメになります

 

本体がボロボロ、ネジにサビ

 

サビを除去して塗装

 

ツマミも掃除

 

 

メンテナンス後

 

見違えるほどに綺麗

 

表示もクッキリ見やすいです。

ここで今回は終了ですが、問題が2つ残っています。

SHIFT/CHの交換 消耗部品なので本来は交換が必要
周波数ズレ 周波数カウンターの測定器が必要なので個人では不可能

部品代 7000円前後


ワンセグチューナでSDR

私が今回購入した物 DS-DT305BK

注意:チップがいつまでも同じとは限りません。
部品が変動する可能性もあるので保障はしません。

 

最近、USBワンセグチューナをハックし、ワンセグ以外に
FMラジオや他周波数(50~800MHz?) を聴く方法に
使えると言う話を聞いたので試してみました

対象となるワンセグチューナは、「Realtec社のRTL2832U」と言う
チップと「対応するチューナ 例E4000 FC0012 FC0013 FC2580」この2点です。
http://wiki.spench.net/wiki/RTL2832

設定や情報については他のサイトに任せ、今回はおおまかに説明します。

 

紹介するソフトは全て英語です。

 

ダウンロードする物 2点

RTLチップをハックするツール
http://wiki.spench.net/wiki/USRP_Interfaces
ダウンロードは「ExtIO_USRP+FCD+RTL2832+BorIP-BETA_Setup.zip」と「librtl2832++.dll 」

SDRソフト(視聴ソフト)

  • SDR# ダウンロードは「SDR# Dev」検索する際はSDR SHARPとすると
    見つけやすいかも。 ◎FMワイド ステレオ放送を受信可能 〇設定する箇所が少ない
  • HDSDR ◎細かい設定が可能 △使いこなせられない ▲FMワイド未対応

 

 

導入方法

0,ワンセグソフトとドライバーをチューナ付属CDを使いインストールし
ワンセグが受信出来るか確かめる

  1. SDRソフトをインストール
  2. ExtIO_USRP+FCD+RTL2832+BorIP-BETA_Setup.zipを解答し、実行
    インストール先はSDRソフト内のフォルダに設定
  3. librtl2832++.dll をダウンロードし、SDRフォルダに上書きする
  4. SDRのフォルダ内にあるzadig.exeを起動しドライバをハックさせる

ハック手順

 

SDRのソフトを起動した際、このような画像が出た場合

操作が不可能の場合は後から設定出来るので適当に回避。

設定が出来る状態の際に

  1. RTLを入力
  2. Createをクリック。色々数値が反映される
  3. MIDボタンを押す(感度調節)

 

SDR#(SDR SHARP)各設定

私のワンセグでは、何故か受信周波数帯によって
周波数に多少ズレが生じます・・・

なお、付属のアンテナでは何も受信出来ないので
外付けのアンテナ、又は室内にあるTVコネクタに繋げてください。

 

受信例 FMラジオ


携帯アダプタ再利用1

windows7でUSBからシリアル(RS-232C)へ変換する為に何か無いかと部屋を探ると
2個出てきました。

ケータイアダプター参考サイト
http://www.geocities.jp/aesthetic_music/memo/scon.html

 

その1

携快電話 USB-PDCコード Ver3.00

変換チップ PL-2303

色々、多々のドライバーを試したものの
エラー コード10 で動作せず

ここで諦めて。

 

その2

ケータイマスター付属のアダプタ

Model UP12

UP12のWindows7ドライバーは公式はvista以降対応してない様子なので
以下のサイトより

http://www.mct-us.com/

Support U232-P9>Driver

と、ダウンロードして

OSに怒られながらもインストールして

 

無事認識しました

何に使うかは・・次回に続く


安物電球型蛍光灯の寿命

4個程セット品で安い物があり、何個か使っていましたが
ふと見ると、点灯しなくなっていたので取り外してみると・・・

中の部品が焦げたか燃えたか・・・

嫌な感じの壊れ方。

 


原付のマフラー交換

  

今回利用した耐熱塗装       削る工具達

非接触温度測定機

 

作業する際はエンジンを完全に冷やした状態で作業を。 火傷の恐れあり!

最近、原付の音が爆音でバイク屋に見せた所
マフラ交換で2~4万円と言われました

これでは中古原付が購入出来るので、自力で修理する事に。

 

現状のマフラー 錆が酷い

 

根本近くを見ると・・・固定されてるはずの金具が折れてる・・

 

取り外したマフラ 穴だらけ

 

根本 折れそうな位に錆とヒビ

つづく↓

続きを読む


100円ショップのソーラLEDライト

セリア系列の100円ショップ(メイクマン)に珍しい物が売ってました

 

 

電池の寿命は1年
うーん。それだとボタン電池式の方が長持ちするような・・・・。

 

説明書 充電は6〜12時間とアバウト

表 LEDの色は白です

早速分解

何とも、究極のローコスト!
ソーラパネル自体に回路と電池が固定されてます
回路的にはLED、ソーラと逆流防止ダイオード、ニッケル水素電池3.6V40mAh

そしてスイッチだけ。


テルモの体温計を調べる

我が家にあるテルモの体温計C202の表示が薄いので原因を調べる事に

 

まずは外せそうなキャップを取る

 

どうしても外れないので工具を使い強引に。。

 

綺麗に接着されてました。
分解出来ないように最初から設計されてる様子。

ちなみに、電池切れではありませんでした。
液晶部の寿命と思います。

 

最近のオムロンの体温計

自分的には昔のタイプでケースに戻すと、電源が切れるのが良かったんですけどね。


地上デジタルチューナ修理

型番 TRYMIN DTF-H808

症状 電源が入らない

 

全く聞いた事無いメーカ
3.8V 2.8Wと省エネ設計のようです。

 

ACアダプタ

 

特殊ネジ1個で分解が出来、楽です。

 

この形のACアダプタは色々見てきたので、汎用品かもしれません。

 

シンプルな電源

 

ハンダが微妙です
配線がショートしそう。

 

テスターで調べると、無負荷状態ではきちんと出力し
チューナに繋げると2V程に下がります。

2次側のコンデンサーを交換した所、正常に出力するようになりました。

 

おまけ チューナ内部

部品数が少なく低価格、省エネ化に貢献してると思います

 

LGのチップ 中身は素晴らしい完成度。

 

ここにもLGのチップ

 

裏面 スッキリ

ただ、手作業の所だけはもう少し綺麗にしてほしい。

 

チューナ部もワンチップ化されています。


パソコン修理 デスクトップ

症状 ネット不具合 電源不安定

試しに電源を入れてみると
焦げ臭い臭いがして、慌てて止めました。

 

電源のコンデンサがダメになってます。
試しに交換した所、別の部品が赤く光り焦げました。

 

メインボードの方もコンデンサ不良を発見
こちらは交換で

 

電源交換し、動作はOK・・・と思った所
システム不具合を確認。

最終的に再インストール状態に。

 


INSPIRON 1545 キーボード交換 他

症状 キーボードが動作しない

フタを外そうとすると・・・

 

謎の液体だらけ

キーボード周辺も液体が染み込んでいる跡が・・・・

依頼主に聞いてみると液体をこぼしてキーの一部が動作しない との事。

今回は液体進入についてはノーサポートで
キーボードの交換のみを実施。

何故かこの機種のキーボードが中古で1万円近くし、英語版が新品3000円程度と
おかしい状態なので代替品を調べると、海外で手頃な物を見つけました。

 

中国から到着

早速交換。

色が黒から銀色になりました。

 

型番の違い 上が中国 下が純正

FNキーに関する箇所が一部違います

下部も

なお、今回交換した際にFNキーの動作が反転していたので(FNキーを押すと押されていない状態)
BIOSで設定を変更しました。